箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年6月8日号 エリアトップへ

20日10時半から湯河原の図書館で「みみずく大人のおはなし会」に出演する一人 大島 星子さん 湯河原町吉浜在住 48歳

掲載号:2018年6月8日号

  • LINE
  • hatena

思いっきり素の自分で

 ○…「素話」に初めて出会ったのは5年ほど前。小学校の朗読ボランティアに参加していた時、知人に誘われて練習の場を垣間見た。この時聞いたのは、アラビアンナイトの一部。暴虐な王に対し、妃が命がけで夜通し物語を披露する有名な話だ。まさにその妃がしている素話は、絵本の読み聞かせとも異なり、聞き手が想い描く世界は千差万別。目を閉じて聞き入る人もいれば、どこか別世界を見るような表情の人もいる。目線が合うことも。さっそく仲間に入れてもらい、現在は持ち回りで会長に。「90歳代の大先輩がいるのに」と頭をかいた。

 〇…実家は青森県で、もうすぐねぶた祭りの季節。幼少の頃はベビーカーに載せられて祭りに出かけ、今も夏は故郷に帰り「ラッセラー」で盛り上がるのが定番。実家では小鳥などの動物に囲まれて育ち、ある日父が「お客さんだよ」と犬を拾って来た事も。こうした環境も手伝って進学先は北里大の畜産学科に、その後も伊豆のシャボテン公園の飼育係として10年以上働いた。ハシビロコウやカピバラなどを世話した日々が懐かしい。2児の母となった今は仕事や子育て、剣道の指導などに奮闘中。時おり子どもが素話の観客役になってくれる。

 〇…日々の暮らしで、自然体になった時に飛び出す津軽弁の「かちゃくちゃね」(うまくいかないなぁ)。「めな」(おいしいね)。自分の素話にも地元の言葉を織り込んできた。観客が分からない言葉があっても、何となく意味に気づかせるのが腕の見せどころ。本番に向け仲間が海外の物語や昔話などを準備している。「旅するようにいろんな国、時代に行けるのが醍醐味。浸ってもらえたら」。自身の題名は未定、どこに連れて行かれるのかはお楽しみだ。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク