箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

箱根町で「朝粥の会」を開いている 折橋 大貴さん 宮ノ下在住 29歳

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

その敷居、もっと低く

 ○…月に1回宮ノ下の寺院で「朝粥の会」を開く箱根出身の若手僧。参加者は旅館で働く従業員や檀家、ヨガの講師など様々で、祈祷や法話の後に同じ粥を囲む。元々父が檀家を中心に20年以上前から続けていたが、少子高齢化の波をうけ、参加者が減りつつあった。2年前、思い切って一般向けに敷居を下げた。「箱根は観光地ですが、地元で働く人たちの交流の機会が少ない」と感じたのも理由の一つだった。

 〇…今はなき旧・温泉小・箱根明星中出身。ごく普通の子どもだったが、実家が曹洞宗の寺という事もあり小学3年で得度(僧侶となる節目)を迎え、丸坊主に。「同級生にぺたぺた触られて泣きました」。多くの同級生が進学や就職で町から出たように、高校は山口県で寮生活を送り、その後駒沢大を卒業。すぐに鶴見の総持寺で約3年の修行生活に入ったため、青春時代の大部分は郷里を留守にしていた。

 〇…修行中は「老師」の付き人として料理などを担当。暑い日の献立は少し塩味を濃くしたり、時折洋食を織り交ぜるなど工夫がひらめき「命はひとつ、野菜もひとつ」と、食材を使いきった。厳しい修行ではよく怒られ、へこんだ。「今も人付き合いが苦手で、第一印象が悪そう」と頭をかく。20歳ほど年上で元板前の修行僧に相談すると、こう返ってきた。「1年前の今日の悩みは何だった?思い出せなければ今の悩みも忘れる程度の事さ」。

 〇…箱根の実家に戻った後に調理師免許をとり、今では地元宿泊施設の料理人や精進料理の講師など、様々な横顔の持ち主。この人が描くお寺は今よりも自由な場だ。「祭りや相談の場、集落のコミュニティにしたい。色んな職業の人が集うイベントが開けたら」。歩く道は幅広く、四方八方に開けている。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク