箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

県内初 上で発電下で稲作

社会

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena
田植えをする参加者の頭上に並ぶ、太陽光パネル
田植えをする参加者の頭上に並ぶ、太陽光パネル

 小田原市桑原の田んぼで、太陽光発電と農業を同時に行う「ソーラーシェアリング」が始まった。太陽光発電パネルの下で稲作を行うのは神奈川県で初の試みで、6月9日に田植えが行われた。発電規模は58・24kWで、米の発育に影響がないように設計されている。約1200平方メートルの水田には子どもから大人まで約50人が集まり、キヌヒカリの苗を植えた。ソーラーシェアリングを設置したのは耕作放棄地解消などに取り組む合同会社小田原かなごてファーム。約600kgの収穫を見込んでおり、井上酒造(大井町)で日本酒を造る予定。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク