箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

下郡と小田原 免許返納、過去最多ペース

社会

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

 全国的に運転免許証の自主返納制度に注目が集まるなか、小田原警察署管内でも返納者数が9年前に年間100人を超えて以降増加傾向にある。マスコミ等で紹介されたことで制度の認知度が向上し、今年は5カ月間で331人を数えるなど、過去最多ペース。年末には昨年の790人を上回る可能性もある。

 65歳以上の人が、高齢などを理由に自主返納すると、身分証明書としても使える運転経歴証明書が発行される(手数料1000円)。県高齢者運転免許自主返納サポート協議会の加盟店で提示すれば、商品や宿泊料金などの割引を受けることも可能だ。小田原署では、「高齢者は運転経験で自分は大丈夫と過信しがち。しかし、事故を起こしては取り返しがつかないので、少しでも不安を感じたら返納を考えてほしい」と話している。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク