箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年7月6日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

連載 地域医療の発展に【12】 基準値超えはダメですか!? 取材協力/小田原循環器病院

循環器内科・豊田康豪医師
循環器内科・豊田康豪医師

 項目がずらっと並ぶ血液検査の結果。医師はこの数値で病の兆候を探る。今回は不整脈を専門とする豊田康豪(やすたけ)医師に結果の見方を聞いた。

―私はAST、ALT、CHEが基準値超えですがどこが悪いのでしょう。

 「脂肪肝を疑いますね。我々は症状と項目の組み合わせで健康状態をみます。記者さん、他にも脂質系が高いですね」

―でも超えているのは少しだけ。大丈夫。誤差。

 「大丈夫なものもありますが…。例えばカリウムの上限は5ですが、これが6や7だったら、致死性不整脈を引き起こす危険性が増します。『少し』も『ものによる』とお忘れなく」

―LDLと中性脂肪も超えていますが、まずい?

 「まずいレベルは持病によって違います。LDLと中性脂肪を下げるには油っこい食事を控え、週3回、1回20分以上の有酸素運動を心掛けて下さい。半年に1度は採血し健康状態を確認できると尚良いですね。より詳しい見方はセミナーで」

医療法人邦友会 小田原循環器病院

神奈川県小田原市矢作296−1

TEL:0465-48-7211

http://ojh.or.jp/

箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6件

スマホは暮らしの必需品

春のおでかけガイド

就職への第一歩はサポステから

15歳〜39歳の「働きたい」方へ

就職への第一歩はサポステから

3月8日号

下取りサポート最大30万円

満足度1位の愛されワーゲン フォルクスワーゲン

下取りサポート最大30万円

3月1日号

高齢にメタボ、他人事でない腎臓病

連載 地域医療の発展に【14】 取材協力/小田原循環器病院

高齢にメタボ、他人事でない腎臓病

3月1日号

乗り降り自由の無料バス

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク