箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

関東ブロック商工会女性部の主張大会に出場した 青木 里美さん 湯河原町在住 34歳

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena

心をつかむ 目配りの人

 ○…各地の商工分野の若手が集う「主張大会」の関東大会。湯河原からの出場は実に13年ぶりの快挙だ。集まった千人以上の聴衆を前に、手話で「お・も・て・な・し」のテーマを示し、広い会場に目を配りながら熱弁した。結果は1都10県の代表のうち3位。県代表に決まった時から「出るからには優勝」と心に決め、運転中や入浴中も声を出してきた。練習するうちに掴んだコツもある。声の抑揚や微妙な間、そしてユーモア。「色々な方が聞き役になって助言してくれた」と繰り返す。

 ○…実家は温泉場に向かう道沿いの小さな精肉店で、5年前に誘われて商工会女性部に入部。最年少メンバーとして活動に参加し始め、身をもって「おもてなし」を知った。今回スピーチで紹介した駅ホームの座布団設置もそのひとつ。寒風が吹きつける季節に定期的な取替えや洗濯に通う。持ち去られた事も。決して楽ではないが、先輩に付いていくうちに部内の妹的な存在になった。「里ちゃん、食べないと痩せちゃうよ」と美味しいものを手渡される。現在は青年部も掛け持ちし、ハロウィン行事にも関わっている。昨年は魔女の格好で参加したところ、会場の子どもが泣き出した。

 ○…小さい頃から両親を手伝い、大学卒業後に本格的に働き始めた。職場の大先輩は祖父の正一さん。90歳を超えて厨房に立ち、コロッケ1個に愛を込める職人だった。よく肉の切り方で怒られたが、今も引退した祖父を訪ねては仕事話で盛り上がる。一日中接客のため、朝は40分かけて入念にメイク。その素顔は地元を愛する一人の湯河原っ娘だ。店には観光客も訪れ、旅館向けの弁当配達も受ける。その注文数で観光業の繁忙の波を感じとる。馴染みのお客さんなのか、取材中もバスや車に手を振っていた。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク