箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

強羅公園で公開制作 花で包む八角堂

文化

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
7つのキャンバスに箱根の自然をちりばめる
7つのキャンバスに箱根の自然をちりばめる

 箱根の強羅公園にある売店が、箱根にちなんだカワセミやムササビ、花々で埋め尽くされた。

 7月9日の公開制作で筆を振るったのはNPO法人アール・ド・ヴィーヴル(小田原市久野)に所属する6人。同法人では障害のある人たちが仕事や収入を得て自立することを目指しており、市内のおしゃれ横丁の花壇や、川崎市の発電所の壁の絵画も手掛けている。

 今回は体験工房・クラフトハウスを通じて公開制作が実現。メンバーは下絵なしで鳥を描き、色にこだわりながら花びらを散らせた。脚立で作業した中山明子さん(35)は「難しかったけれど、描いた花が気に入りました」。クラフトハウスの寺本和明事業部長(40)は「SNSで広まってほしい」と話していた。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク