箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

湯河原アリーナ?! 巨大空間

社会

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena

 湯河原町吉浜で建設中の最終処分場に、このほど幅60mの大型屋根がかかった。(株)竹中土木の施工で、ここまでの規模の屋根は県内でも珍しいという。

 かつてこの地には湯河原と真鶴の2町から出るごみ焼却灰を埋める処分場(屋根なし)があったが、底のゴムシートが破れて有害物質が漏出したためすべての灰を撤去。新たに52億円を予算計上してコンクリートで四方を固めた新処分場を建設していた。2万4千㎥のコンクリートが使われた大空間では、トラックがミニカーのようにも見える。施設は2019春にも完成する予定で、内部にはコンクリートで固めた焼却灰を埋納してゆく。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク