秦野版 掲載号:2011年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

障害者の読書を支援 東京電力(株)が秦野市立図書館に点字図書などを寄贈して11年

文化

和田館長(右)に寄贈図書を手渡す梶副支社長
和田館長(右)に寄贈図書を手渡す梶副支社長

 東京電力(株)小田原支社(中村節支社長)が、点字図書、テープ図書、大活字本など障害者の読書を支援する図書を秦野市立図書館(和田義満館長)に寄贈した。同社ではこのような寄贈を毎年実施しており、今年で11回目。

 同社では昭和56年の国際障害者年を機に、地域福祉協力活動の一環として図書寄贈を実施している。同支社ではこの取り組みを平成11年からスタート。地域の図書館等に図書を毎年寄贈してきた。

 今回は同支社の梶暢男副支社長と飯田博文さん、井上寿恵さんが昨年12月22日に図書館を訪れ、図書を届けた。

 寄贈されたのは、『答えられそうで答えられない語源―知っているようで知らない日本語クイズ』など点字図書が10冊、『ザ・万遊記』『世界はまわり舞台』などのテープ図書が17冊、『竜馬伝I』『真田太平記(一)』の大活字本が6冊と、それらと合わせて使う同タイトルの副読本など。毎年贈呈する図書のタイトルは、日本点字図書館からの意見をもとにその年のベストセラーなどから選定されているという。

 梶副支社長は、「目の不自由な方向けの本と合わせてサポートする方向けの本があります。有効に活用していただければ」と話した。また図書館の担当職員は、「このような本は一冊一冊が高価。購入したくてもなかなか難しいので、毎年感謝しています」と話した。

 寄贈された図書は館内のともしび室に置かれ、閲覧・貸出しできるという。
 

秦野版のトップニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク