秦野版 掲載号:2011年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

あくまっぱらいで今年も平安 波多川地区で小正月行事

文化

それぞれの家でかわいらしい獅子の訪問が歓迎された
それぞれの家でかわいらしい獅子の訪問が歓迎された

 小正月行事の一つ「あくまっぱらい」が1月9日、秦野市堀川の波多川地区で行われた。

 当日は、幼稚園児から中学生までの子どもたち約50人が参加。塩をまき、太鼓を打ち鳴らし、鈴のついた御幣を振りながら、獅子頭をかぶった子どもたちが天津神社を出発し、地域の190世帯余りを訪ねて練り歩いた。

 子どもたちは訪れた家の玄関で「あくまっぱらい、あくまっぱらい」と唱え、無病息災・家内安全を祈った。中には一行を家の中まで招き入れる家庭や、獅子に頭を噛んでもらう高齢者の姿も見られた。

 同地区ではこの行事を、波多川地区子供会(中村竜浩会長)が1月の第2日曜日に毎年行っている。

 また秦野市内では、横野や菖蒲でも同様の行事が行われているという。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク