秦野版 掲載号:2011年1月15日号
  • googleplus
  • LINE

"湘南の暴れん坊"東海大は4位 4大会ぶりにシード権を獲得

スポーツ

総合4位に入った東海大(7区大磯町で写す)
総合4位に入った東海大(7区大磯町で写す)

 新春の風物詩「箱根駅伝」が正月の2日、3日に開催され、地元東海大学陸上競技部駅伝チーム(新居利広監督)は総合4位に入り、4大会ぶりにシード権を獲得した。

 大会前に新居監督が「往路でよい流れを作り、大手町に帰ってきたい」と話していた東海大は、往路の2区・5区で2年生コンビのWエース、村澤明伸選手、早川翼選手をそれぞれ起用。村澤選手は最下位の20位でタスキを受けると、区間17人抜きと、大会の最優秀選手に選ばれる好走で順位を3位に押し上げた。早川選手も区間5位の走りで健闘し、往路では3位に入った。

 続く復路では、順位を一つ落としたものの、すべての区間で最上級生が意地の走りを見せ、総合4位でゴールテープを切った。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク