秦野版 掲載号:2011年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

県社協が支援、セルフヘルプ活動とは 同じ悩みを持つ者同士の自助グループ

 神奈川県社会福祉協議会では、セルフヘルプ活動の支援と普及に力を注いでいる。

 セルフヘルプ・グループとは、共通の悩みや問題を抱える人やその家族・友人が自主的に活動するグループのこと。当事者でなければ分からない悩みや気持ちの分かち合い、情報交換などを目的として活動している。

 県社協の中でこの活動を担当するかながわボランティアセンターでは、県内のセルフヘルプ・グループの情報提供や学習・交流機会の提供、活動コーナーとしてのフリースペースの提供、相談室の提供など、もっぱらこの活動を裏から支えている。 

 地域や家族の関係が希薄になる中で、様々な問題を抱え孤独に悩む人は多いが、同じ悩みや苦痛に対し、共に励まし合い助け合う、この活動の意義は大きい。

 セルフヘルプ活動の詳細及び下記団体についての問合せは、かながわボランティアセンター【電話】045−312−1121(代)まで。

kensyakyo_0100.jpg

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク