秦野版 掲載号:2011年1月22日号
  • googleplus
  • LINE

市民が主役の防災活動とは 防災講演会で有識者招き被災地での市民活動を紹介

社会

講演した中川和之氏。被災地を取材した経験を生かし、防災力強化の必要性を訴えた
講演した中川和之氏。被災地を取材した経験を生かし、防災力強化の必要性を訴えた

 秦野市の防災力向上を目的に今月15日、秦野市文化会館で「平成22年度 防災とボランティア週間 防災講演会」が開催され、およそ400人が集まった。

 この講演は、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災を教訓に、同年に設けられた「防災とボランティア週間(1月15日〜21日)」期間内に毎年実施している。災害時におけるボランティア活動や自主的な防災活動の認識を深め、災害への備えを強化するねらいがある。主催は秦野市と秦野市危険物安全協会、なでしこ防災ネット。

 講演会に先立ち、古谷義幸市長が「いつ起きるかわからないと言われている地震に対し、安全・安心な街づくり実現を目指して市民力と地域力、職員力(行政力)を発揮しなければいけない」と挨拶した。

 また、時事通信社防災リスクマネジメントWeb編集長の中川和之氏が、「得意技生かし防災力を高めよう」と題して講演。大工らが専門知識を生かして倒壊した家屋から救出活動をする様子などを紹介し、一人ひとりが得意技や持ち味を生かして、主役となる活動の重要性を話した。

 ほかにおおね台団地自主防災会による事例発表や地域防災相談員の倒壊家屋から被災者を救出する劇なども披露された。市防災課は「今回初めて劇を実施したところ、好評だった。来年度もこのような活動を続けたい」と振り返った。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク