秦野版 掲載号:2011年1月22日号
  • googleplus
  • LINE

ヤマビル被害を防ぐために 北地区の里山整備に120人が参加

社会

手作業で枯葉を除去する参加者。秦野市では地下水に配慮し、薬剤を使わないヤマビル対策を提唱しており、今後も定期的に実施する予定
手作業で枯葉を除去する参加者。秦野市では地下水に配慮し、薬剤を使わないヤマビル対策を提唱しており、今後も定期的に実施する予定

 里山ふれあいセンターから羽根・菩提地区の里山で1月15日、ヤマビル対策の里山整備が行われた。

 これは、下草刈りや落ち葉かきなど里山整備の後にヤマビルが減少したことを受け、平成17年から定期的に行われているもの。

 この日は、里山保全団体や個人ボランティア、市職員など約120人が参加した。木々の下に積もった枯葉や、生い茂った雑草などを取り除き、地面に日光が届くようにすることで、ヤマビルが生息しにくい環境に整備した。担当の森林づくり課では「例年よりも落ち葉が多いとの声が聞こえたが、協力いただいた方の尽力によりヤマビルの生息しにくい環境ができた」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク