秦野版 掲載号:2011年1月29日号
  • googleplus
  • LINE

地域一丸で文化財を守る 寺山の円通寺で防火訓練

文化

東幼稚園児らが見守る中で放水が行われた
東幼稚園児らが見守る中で放水が行われた

 市内にある文化財を、地域住民が一丸となって火災から守る意識を高める「防火訓練」が今月26日、寺山の円通寺(梅川龍博住職)で行われた。

 この訓練は、1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、市生涯学習課が毎年実施している。この日は寺山自治会連合会員と檀家、東幼稚園の園児およそ60人と、消防職員らが参加した。

 今回は、円通寺本堂からの出火を想定し、同連合会員らが市指定重要文化財「木造十一面観音菩薩立像」に見立てた箱を持ち出したほか、消防隊による放水が行われた。また、参加者は消火器の取り扱いを実演を通して確認し、園児たちは防火衣の着用や空気呼吸器を背負うなどの体験もした。

 梅川住職は「歴史のあるものをいかに守っていくかが大切だと思う。今回の訓練は、日頃の防火意識を確認する、良い機会だった」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク