秦野版 掲載号:2011年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

新総合計画 「適切かつ妥当」 審議会が市に答申

政治

牧内会長(中央)と岸副会長(左)が答申を手渡す
牧内会長(中央)と岸副会長(左)が答申を手渡す

 秦野市総合計画審議会(牧内良平会長・(株)テレビ神奈川取締役会長)が2月21日、平成23年度からスタートする「秦野市新総合計画(仮称)基本計画案」について、「適切かつ妥当である」とする答申を秦野市に行った。新総合計画は、これまでの市総合計画基本構想(はだの2010プラン)が平成22年で計画年限を迎えるにあたり、新たなまちづくりの道筋を示すものだ。

 「秦野市新総合計画」は目標年次を平成32年度までの10年間とし、同年における人口規模を16万9000人と想定して策定を進めている。今回答申された基本計画は、平成23年度から27年度までの前期5カ年の計画を定めたものだ。

 新総合計画は「しあわせ(幸せ)・輝くみらい(未来)・HADANO2020プラン」のキャッチフレーズが付けられ、全186ページからなる。

 新総合計画第1部に「基本構想」として平成23年度から32年度までの都市像、分野別5つの基本目標などが示されている。

 第3部には「基本計画」として、環境と共生、安全・安心、活力・成長、人づくり、市民力・行政力の各政策について目標等が示されている。

 市では昨年6月、新総合計画基本構想および基本計画について、有識者や各種団体の代表らからなる「市総合計画審議会」に諮問していた。

 同委員会には、牧内会長をはじめ副会長として岸司朗秦野商工会議所会頭、そのほか安部信三(社)秦野伊勢原医師会会長、杉本洋文東海大学工学部教授ら、学識経験者の他、県議会議員、自治会連合会会長など各分野から20人が名を連ねている。

 同審議会の第7回が2月21日、秦野商工会議所で開かれた。会場には、古谷義幸市長の代理として中村良之副市長が出席し、牧内会長と岸副会長から新総合計画基本計画(案)について、「適切かつ妥当」との答申を受けた。

 牧内会長は「県には19の市があるが、市民との協働・連携による計画づくり、実行をうたっているのは秦野市だけ」と太鼓判を押し「市の職員が市民との触媒(パイプ役)になり、事業を連携していくことが大事だ」と強調した。

 中村副市長は、「この答申に基づいて、新しい秦野の10年がスタートする。これから計画を確実に実施していくことが我々の責務。この答申を尊重し(計画に示されている)『みどり豊かな暮らしよい都市(まち)の実現を目指して』に向けて努力したい」と答えた。

 市では審議会の答申を受け、3月に「秦野市新基本計画」を決定する。
 

秦野版のトップニュース最新6件

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク