ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > 市が商店街の実態調査

秦野

市が商店街の実態調査

商業支援施策に活用
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
商店街の実態把握に向け、6月中旬から10月下旬までかけて実施する
商店街の実態把握に向け、6月中旬から10月下旬までかけて実施する

 秦野市では、商業振興の基礎的資料を作成するために、6月中旬から市内商店街の実態調査を実施する。商店街の店舗数や、各店舗の基礎データに加え、顧客層や商品のセールスポイントなど、詳細な聞き取りを行う予定だ。

 調査は、国の緊急雇用対策交付金で雇用した1人の専任調査員が担当し、10月下旬までかけて実施する。担当課の市商工観光課では、23の商店街地域で約1000店舗のデータ収集を目標にしている。

 調査にあたり商店会加盟店には、各会の会長を通じて事前にアンケート調査表が配られる。これに沿って各店で回答を記入し、調査員が後日回収する。

 具体的な実態を把握するため、今回の調査では商店会に加盟していない店舗も対象となり、これらの店舗には、調査員が直接訪問して協力を呼びかけるという。

 調査の項目は、店舗数、屋号、業種、電話番号、開業年月日、定休日、営業時間、従業員数など基本的な情報のほか、店主のモットー、各店舗での販売促進活動や今後力を入れたい取組み、後継者の有無など、踏み込んだ内容まで聞き取る形式となっている。

 さらに、商店街にある空き店舗の把握も同時に行い、同課では調査で得た情報を商業支援施策の立案に活用するほか、商店街をPRする企画などにも役立てたい考えだ。

 調査について、市内の商店主からは「秦野の商業活性化のためにいい事」と歓迎する声と同時に「具体的に調査結果をどのように活用するのか、有効な方法も検討して、示してほしい」との要望もあがった。

 同課では「既に空き店舗調査は隔年で行っていたが、ここまで詳細な実態調査は過去10年以上実施していないはず」と話し「結果をもとに、効果的な振興の施策を考えていきたいので、ぜひご協力をお願いします」と呼びかけている。
 

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野