ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > しぶさわ園児が田植え

秦野

しぶさわ園児が田植え

千村生き物の里で初の試み
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
泥まみれになって田植えに挑戦
泥まみれになって田植えに挑戦

 千村生き物の里で5月31日、しぶさわ幼稚園(池田真理子園長)の年長園児75人が田植えに挑戦した。園児たちは、膝まで泥に浸かりながらの作業に「泥が冷たい」「面白い」などと歓声を上げた。また、生き物の里に生息する沢ガニやトンボなどの観察も行った。

 今回田植えが行われた水田は、日立製作所がIT技術を活かした環境保全に取り組む「ITエコ実験村」の一部。この取組みは今年4月に市から「生き物の里」として指定を受けた。活動は、子どもたちに米作りを知ってもらうと共に、自然に親しんでもらおうと企画されたもので、今回が初めての試みとなる。企業のOBらによって組織される日立ネイチャー倶楽部の谷光清村長や、同地域の環境を研究している東海大学の学生ら、千村生き物の里管理運営協議会(竹久保昭一会長)等の協力により実現した。

 この日植えた苗は、もち米。園児らは今後、稲の成長を観察し、秋には収穫祭に参加、実った米で餅つきなどを体験する予定。谷村長は「地元の方たちと里山再生に取り組むことで社会貢献に繋がれば」と話した。
 

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野