ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > 千年の杜にホタル舞う

秦野

出雲大社

千年の杜にホタル舞う

7月頃からヘイケボタルが見ごろに
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
この季節、千年の杜で光を放つホタル(同神社を訪れた近藤定夫さん撮影)
この季節、千年の杜で光を放つホタル(同神社を訪れた近藤定夫さん撮影)

 出雲大社相模分祠(草山清和宮司・秦野市平沢)西側の千年の杜の中では、この季節ホタルを観察することができる。6月22日現在では、ゲンジボタルの季節はほぼ終わりを迎えているが、これから7月にかけてはヘイケボタルが見られるようになる。

 ピカピカピカと星が瞬くように光るのがヘイケボタルの特徴。雨上がりの日没以降によく見られるという。同神社では、「ホタルは絶対にとらないでください。驚いて逃げてしまうので懐中電灯などは点けないで。足元に十分に注意して、美しい夏の夜の風物詩を楽しんで」と話す。
 

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野