ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > 中栄信金が地域貢献活動

秦野

中栄信金が地域貢献活動

献血とうちわ2千本の寄贈
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
同金庫職員と来店者が多数献血に協力した
同金庫職員と来店者が多数献血に協力した

 6月15日の「信用金庫の日」にちなみ今月15日と16日、中栄信用金庫(本部秦野市元町/石田進理事長)が社会貢献活動の一環として献血を実施した。

 15日に本店の駐車場で、16日に鶴巻中央支店の駐車場で実施された献血には、同金庫の役職員など178人が参加した。さらに、当日同金庫を利用した来店者も、献血に協力する姿が見受けられた。

 同時に行われた「愛の募金」では、同金庫役職員などから11万400円が集まった。この募金は、神奈川新聞厚生文化事業団に寄付されるという。同金庫で行われた信用金庫の日に伴う地域貢献活動は、今回で15回目となる。

 また同金庫では6月17日、東日本大震災に伴う夏場の節電に役立ててもらおうと、秦野市役所にうちわ2千本を寄贈した。

 この日は、同金庫の石田理事長をはじめ、中野洋一常務理事、武樋隆文常勤理事が古谷義幸秦野市長を訪問。うちわを手渡した。

 寄贈されたうちわは、本庁舎1階・2階のロビーなどに設置して、職員や来庁者に使用してもらう予定だという。

 石田理事長は「行政が先頭に立って節電をやっていただけると心強い。少しでも役に立てば」と話した。
 

  • うちわを手にする石田理事長(左から2人目)うちわを手にする石田理事長(左から2人目)

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野