ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > 「後に活きる」防災体験

秦野

北小学校

「後に活きる」防災体験

3月の震災踏まえ
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
料理の燃料に必要なまき割りにもチャレンジ
料理の燃料に必要なまき割りにもチャレンジ

 北小学校(小澤博校長)で7月22日から23日にかけて、同小PTA(森谷忠会長)が主催する「夏の宿泊体験活動」が行われた。

 10年前から同小で防災活動の一環として行われているこの活動。例年は表丹沢野外活動センターでの宿泊や、消防署員を招いた訓練などを行っている。今年は3月に起きた東日本大震災を踏まえ、実際に地震が起きた際に避難所になる可能性が高い、同小体育館での宿泊体験と防災活動にした。

 今回の活動のテーマは、震災後の生活。参加した同小の1年生から6年生までの希望者130人と、北中学校(牛田洋史校長)のボランティア30人が、毛布を使った担架作りや、新聞でスリッパ作り、手作りランタンを持っての夜間校内見回りなどを行った。森谷会長は「いざという時に実際に活きてくる経験、活動を主題に、今回のプログラムを組みました。参加した子どもたちが、周りに教えてあげられるようになることが理想」と話した。

 また、阪神大震災を経験した同小の川原翼先生が、当時の写真を用いながら、地震の恐ろしさや、震災の前にやっておくべきこと、震災後に気を付けるべきことなどを子どもたちに話した。川原先生は「暑い中、子ども達が真剣に聞いてくれた。何かが子ども達の心に残り、考えるきっかけになれば」と話した。
 

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野