ホーム > 秦野版 > ローカルニュース > "毎日富士登山"の経験 本に

秦野

"毎日富士登山"の経験 本に

佐々木茂良さん(堀西)が執筆
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
著書を手にする佐々木茂良さん
著書を手にする佐々木茂良さん

 定年退職後、64歳(平成16年)から富士登山を開始し、今月26日に通算857回の登頂を達成した佐々木茂良さん(71歳・堀西在住)が、登山のコツや富士山の魅力をまとめた新書「まいにち富士山」をこのほど刊行した。発行は株式会社新潮社、188ページ、714円。

 佐々木さんが登山を始めたきっかけは、1冊の小説と出会ったこと。「白馬岳の山頂に50貫(約187kg)の風景指示盤を背負いあげた小宮山正さんがモデルの『強力伝』を読み、ずっと憧れていた。退職を迎え、登山に挑戦する良い機会だと思って」と振り返る。

 「当初は山のド素人だった」と苦笑いする佐々木さん。天候の悪い日以外は毎日富士山へ登り続けた。現在は顔見知りも増え、4つの山小屋に新聞の朝刊を届けることが日課になるほど”富士山漬け”に。1年ほど前から「自分自身の力だけではなく、周りの人や家族のおかげで登ることができた。今までの経験から学んだことや富士登山の達成感を伝えたい」と体験記をしたためるようになった。

 昨年10月に新潮社からの執筆依頼を受け、今年6月に本が完成。東日本大震災で被災した岩手県出身ということもあり、売上金の一部を義援金にするという。「人生も登山も一歩一歩積み上げていくことが大事。富士登山を始めようと思っている方にも読んで欲しい」と佐々木さんは話す。今後の目標は「来年9月末に登頂1千回達成」。「登山は人生そのもの。楽しみながら続けたい」と笑顔をみせた。
 

関連記事

powered by weblio


秦野版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野