秦野版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

薬剤師が講演会 「ジェネリック」など説明

社会

熱心に説明を聞く参加者
熱心に説明を聞く参加者

 薬を服用している人が日頃感じている疑問や不安を解消してもらおうという、「知って得する薬の講演会」が11月1日、市保健福祉センターで開かれた。

 50人ほどの参加者を前に、市薬剤師会顧問の佐野友保氏は「薬との付き合い方」をテーマに、日常での薬の飲み方や食生活を通じての健康管理法などについて話した。

 続いて日本ジェネリック製薬協会の大坂谷良弘氏が、ジェネリック医薬品(特許期間後に同一の成分で他社が製造。開発費がかからないので安価)への切替え方法や価格、効能などについて話した。また映像を使いながら医療費の削減効果についても説明した。

 講演を終え参加者からは「ジェネリック医薬品に変更したいと思った」「病院から声がけしてもらいたい」などの感想が聞かれた。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク