秦野版 掲載号:2011年11月19日号
  • googleplus
  • LINE

戸越銀座を視察研修 秦野あきんど育成会が

戸越銀座を見学する参加者。「秦野でも将来これだけ人を呼べるようにしたいね」と話した
戸越銀座を見学する参加者。「秦野でも将来これだけ人を呼べるようにしたいね」と話した

 秦野あきんど育成会(関野裕太郎会長)が11月10日、商店街を中心とした地域活性に成功した事例として、戸越銀座銀六会商店街、神楽坂通り商店会などの見学研修を行った。当日は同会メンバーなど17人が参加。商店街内に設置された休憩所や独自に販売するブランドなど、商店街活性化の活動を視察した。

 同会は秦野の商業活性化を目的に、市内の若手経営者らを中心に今年9月に結成された。今回の研修会は、結成後初めての活動。「育成会はまだ地域活性の土台作りを行っている段階。だからこそ、他の勢いのある商店街を視察し熱意の使い方を学びたかった」と実施したきっかけを振り返る。

 参加者は「他の地域や商店街で頑張っている、”あきんど”と情報交換ができ、励みになった」「他地域に負けないよう、まちおこし活動を進めていきたい」などと感想を述べた。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク