秦野版 掲載号:2011年11月26日号
  • googleplus
  • LINE

プレミアム商品券 使用期間延長で需要喚起 12月から販売上限も拡大

社会

 11月1日に発売された「はだの節電応援プレミアム商品券」。20日現在の販売数は総数の33・7%となっており、同商品券実行委員会では購入数の増加に向け、使用期間の延長と購入上限冊数の拡大を決めた。

 同商品券は1冊1万円で額面1万2000円分(500円券24枚)と20%分のプレミアムが特徴で、市内約500店舗で使用できる。購入には7月から10月に昨年同月比15%以上の節電が条件で、現在は1カ月達成で1冊、2カ月達成で2冊、3カ月以上達成で3冊まで購入可能だ。

 同商品券の使用期限は発売日から平成24年1月31日(火)までの3カ月だったが、市民から「使用期間が短い」という声が多数寄せられていた。そのため同実行委員会では平成24年3月31日(土)まで使用期間を延長。さらに12月1日(木)販売分から、1人あたりの購入上限冊数を1カ月達成で8冊、2カ月達成で9冊、3カ月以上達成で10冊までと大幅に拡大する。既に同商品券を購入した世帯での再購入も可能だ。

 1世帯の平均購入数は2年前のプレミアム商品券の6・9冊に比べ今回は2冊と少なく、同実行委員会では使用期間の延長と上限数向上で需要の拡大を期待している。「皆様の声から、可能な限り使いやすくご要望にお答えしました。日用品などでご利用しやすくなるのではないでしょうか。ご購入時には東京電力の電気ご使用量のお知らせを必ずお持ち下さい」と話す。

 同商品券について詳しくは同実行委員会【電話】0463(81)1355まで。
 

秦野版のトップニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク