秦野版 掲載号:2012年2月11日号

東海大学駅前商店会

秦野フードで地域活性化

芋パイ菓子で学生と商店がコラボ

完成した「うとう坂リィベリート」を囲むプロジェクトメンバー
完成した「うとう坂リィベリート」を囲むプロジェクトメンバー

 東海大学駅前商店会協同組合と同大学の学生らが協力して進める「地域活性化フードプロジェクト」。その第2弾となる、市内で生産された食材を使用した芋パイ菓子「うとう坂リィベリート」が完成した。

 このプロジェクトは同商店会と地域情報ブログ「おおねさんぽ」の学生メンバーが、地域ならではのメニューを開発し、地域活性化を図ろうと昨年8月に立ち上げた。同年11月には第1弾として、同キャンパス内で採取されたスダジイの実と秦野産の落花生、米粉、小麦粉を使ったクッキーとダコワーズを商品化した。

 今回同プロジェクトが目を付けた食材は市内産の「芋」。約3カ月をかけ市内で栽培された菊芋、薩摩芋、里芋を餡の素材に用いたパイ菓子「うとう坂リィベリート」を開発した。

 商品名の「うとう坂」は南矢名・曽屋間を結ぶ坂の名前。郷土に関心や愛着を持ってもらおうと、市に古く伝わる地名を名称に使用したという。

 第1・2弾の商品開発には同商店会のニドワール洋菓子店が全面協力した。店主の中山俊治さんはプロジェクト企画当初からのメンバーの1人。「目標は商店会全店舗で1品ずつ商品を開発すること。秦野市の地域活性を当組合が中心となって盛り上げられれば」とこれからの展開に期待を寄せている。

 同プロジェクトの学生側リーダーを務める宇田川大介さんは「大学入学を機に秦野にやってきて、すっかりこのまちの魅力に取り込まれてしまいました。自分にとって秦野は第2の故郷。魅力を広く伝えていきたい」と意気込みを話した。

 完成した「うとう坂リィベリート」は、2月11日から同店で販売が開始される。1つ150円(税込)。また同店では第1弾のクッキーとダコワーズも販売している。問合せは同店(午前10時から午後8時。不定休)【電話】0463・77・4601まで。
 

関連記事powered by weblio


山口京呉服店

きもの・帯・染  TEL0463・81・0220 秦野市曽屋1-2-17

はだの南レディスクリニック

土・日オープンの予約制のレディスクリニックです

http://www.hirai-ladies.jp/index.html

だるま商事(有)

地域密着、土地・建物・仲介売買

https://darumashouji.co.jp/

有限会社 夢工房

出版・自費出版・企画・デザイン・編集・印刷を通じて、あなたの夢を実現

http://yumekoubou-t.com/

株式会社関野建設

信頼と誠実をモットーに地域に愛されて100年以上。

http://www.sekino-group.jp/

中栄信用金庫

全てを地域の明日のために

http://www.shinkin.co.jp/chuei/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6件

分娩再開向け新たな組織

秦野赤十字病院

分娩再開向け新たな組織

7月2日号

地元初ライブを開催

シンガーソングライター草山昌美さん

地元初ライブを開催

7月2日号

「秦野の雰囲気 描きたい」

全国いそじ大会出場

バレーボール秦野A

全国いそじ大会出場

6月30日号

ラオス人と畑で交流

動物愛護に音楽で一助

女性獣医師の会

動物愛護に音楽で一助

6月25日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

金剛力士立像を知る

みのげ文化の会

金剛力士立像を知る

総会で講演

4月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク