秦野版 掲載号:2012年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

平成24年公示地価 全地点で下落を記録 下落幅は全体的に縮小傾向

 3月22日、国土交通省は、今年1月1日現在の公示地価を発表した。

 秦野市の調査地点は47地点。下落幅は全体的に縮小傾向ながら、今年も全地点で下落となった。住宅地の中で下落率が高かったのが、名古木字中瀬原388-11、羽根字葛和渕32-14、菖蒲字中開戸1138-14の3地点で、いずれも前年と比較して2・2%の下落を記録。一方小田急線秦野駅周辺の大秦町3-14では前年対比0・8%程度の下落にとどまった。住宅地の最高額地点は昨年に引き続き桜町1-6-17で、1平方メートルあたり12万2千円。

 一方商業地では、本町1-4-10が、昨年18万5千円から2・7%下落し、今年は18万円となった。商業地の最高額地点は小田急線東海大学前駅の南矢名1-14-10で、25万4千円を記録した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

民児協パネル展

本町

民児協パネル展

5月4日号

口腔がん無料検診

陸上競技を学ぼう

箱根駅伝や全国入賞の経験者から

陸上競技を学ぼう

5月4日号

児童と給食囲み懇談

「1本」にこだわる空手大会

八重桜で春爛漫

八重桜で春爛漫

4月27日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク