秦野版 掲載号:2012年4月28日号
  • googleplus
  • LINE

老人クラブが公園清掃 かま手に汗

手作業で雑草を取り除いた
手作業で雑草を取り除いた

 地域の高齢者活動の活性化を図る目的で秦野市老人クラブ連合会(大山三次郎会長)は4月17日、中央運動公園とおおね公園の清掃活動を実施した。

 この取り組みは社会奉仕作業の一環として昭和53年から開始し、今年で35年目になる。清掃には両公園合わせて市内63クラブの333人が参加。集めたゴミは雑草が中心で、中央運動公園は70リットルの袋で190袋、おおね公園は80袋で合計270袋になった。

 同会は「会員の生きがい、健康づくりのためにも続けていきたい」と振り返った。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク