秦野版 掲載号:2012年5月5日号
  • googleplus
  • LINE

銀装大刀が今月一般公開 保存処理終了を機に

保存処理前(上)と処理後(下)の銀装圭頭大刀
保存処理前(上)と処理後(下)の銀装圭頭大刀

 2010年に下大槻の二子塚古墳から出土された「銀装圭頭大刀(ぎんそうけいとうたち)」。保存処理終了を機に5月19日から6月3日まで、桜土手古墳展示館で同古墳出土品の特別展示が行われる。

 銀装圭頭大刀が発掘されたのは2010年7月5日。市教育委員会が行った同古墳の第二次調査中。同古墳横穴式石室の石の下から5つに分かれて出土した。鉄製で長さは58センチ、木の鞘に入れられ、圭頭と呼ばれる形の柄頭と、10か所に施された金属の装飾が特徴。6世紀後半頃のものと見られていた。柄頭から鞘尻まで全形が揃った銀装大刀の出土は県内初ということで注目が集まった。

 出土品の保存処理は東都文化財保存研究所に依頼された。銀装大刀は保存管理のため桐製のケースに入れられた。展示もケースに入れられたまま行われる。

 保存処理と共に行われた調査で、銀装大刀の金属部は実際に銀と証明された。加えて金属部に「花唐草」と考えられる装飾文様が記されていると判明。

 調査と処理に関わった市生涯学習課主査の霜出俊浩さんによると「金属部に文様がある銀装大刀は東日本では記録がない。全国的にも珍しい事例」だという。霜出さんは「刀を腰から下げる際に体に面する側にも模様がある。持ち主の高いステータスを表すのではないか」と分析する。

もう1本の刀の存在も明らかに

 また、銀装大刀とともに第二次調査で出土した金属片のX線分析を行ったところ、刀の鞘尻「銀象嵌鞘尻金具(ぎんぞうがんさやじりかなぐ)」と判明。錆や汚れを除去したところ、肉眼でもウロコ模様の銀象嵌が確認された。

 霜出さんは、「二子塚古墳から2本の刀が出土したということになる。秦野地域の考古学において起爆剤となるのでは」と期待を寄せている。

5月19日から特別展示

 銀装大刀を含む出土品は、5月19日(土)から6月3日(日)まで桜土手古墳展示館で特別展示される。

 特別展示を記念し5月19日(土)、特別講演会「輝く大刀の語るもの」が行われる。霜出さんが調査結果の報告を行うほか、市内在住の俳優で日本考古学協会会員の苅谷俊介さんが出土品から秦野の古代史を考察する。

 時間は午後1時から午後4時。参加無料。定員は申込み先着順に450人。問合せは市教育委員会【電話】0463・87・9581まで。
 

秦野版のトップニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク