秦野版 掲載号:2012年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

ソープボックスダービー 山本育生君が優勝

スポーツ

優勝した山本君(中央)と3位の中戸君(右)
優勝した山本君(中央)と3位の中戸君(右)

 エンジンの無い車両で坂道を下って速さを競う「第12回ソープボックスダービー日本グランプリ」が5月13日、市中央運動公園前の市道や周辺の特設会場で開かれ、初出場の山本育生君(蓑毛在住・東小1年)が最年少ながら優勝に輝いた。7歳から13歳までが対象の今大会には10人が出場した。

 山本君には、2008年大会で優勝経験を持つ兄・丘晃(たかてる)さん(14歳)がハンドラー(介添え役)を務め、自らの体験に基づいたアドバイスを提供。これを忠実に守り走ったベストタイム2本の合計で、2位とわずか0・065秒差の接戦を制した。3位には、市内から同じく初参加の中戸翔太郎君(蓑毛・東小5年)が入賞した。

 育生君は、日本代表として7月に米国オハイオ州で開催される国際大会に出場する予定。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

民児協パネル展

本町

民児協パネル展

5月4日号

口腔がん無料検診

陸上競技を学ぼう

箱根駅伝や全国入賞の経験者から

陸上競技を学ぼう

5月4日号

児童と給食囲み懇談

「1本」にこだわる空手大会

八重桜で春爛漫

八重桜で春爛漫

4月27日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク