秦野版 掲載号:2012年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

ゴミを「わけるンジャー」 大根小で市が実演

ゴミの分別を解説
ゴミの分別を解説

 大根小学校(井上哲夫校長)で6月25日、キャラクターショー「資源とごみをわけるンジャー!」が開催された。これは地域の環境教育制度として2007年から市環境保全課が行う「はだのエコスクール」の一環で企画されたもの。

 この日は2年1組の児童27人が参加。まず環境保全課の職員が、ポイ捨てなどゴミの問題について説明した。その後「ごみ怪人」が登場し、室内に撒き散らした様々なゴミを児童が拾い、ゴミ箱に分別して捨てた。その後は、正義のヒーロー「わけるンジャー」が登場。児童らが見守る中、わけるンジャーがごみ怪人を倒すと、歓声が上がった。わけるンジャーはその後、ゴミ箱を児童らと確認して分別について一緒に勉強。最後に、綺麗になった室内に山の妖精「もりりん」が登場し、児童と記念撮影をしてショーは終了した。

 アドリブを加えながらの熱演に、児童らは「楽しく勉強できた。これからも、ちゃんとゴミを分別したい」などと笑顔で話した。

 担任の野村有加教諭は「楽しく学べる内容で、児童も喜びながら勉強していたので良かった」と話した。
 

ごみ怪人と死闘を繰り広げた
ごみ怪人と死闘を繰り広げた

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク