秦野版 掲載号:2012年7月7日号
  • googleplus
  • LINE

秦野の文化と福祉のために 明大マンドリン倶楽部が寄付

文化

小嶌委員長(右)から目録が手渡された
小嶌委員長(右)から目録が手渡された

 明治大学マンドリン倶楽部が7月3日、市文化会館で開催した秦野演奏会での収益金の一部を、秦野市と日本赤十字社に寄付した。

 5月20日に行われた演奏会では、同演奏会実行委員会の予想を上回る約1200人の観客が集まった。そこで同委員会では、集まった入場料とパンフレットでの広告収入の一部を、秦野市の文化振興や福祉の充実と、東日本大震災被災者への義援金として寄付することを決めた。

 寄付当日は、同委員会の小嶌猛委員長と明治大学校友会秦野地域支部に所属すする古木勝久市議が市役所を訪れた。小嶌委員長から、市の文化と福祉の振興として10万円、被災者への義援金として5万円の目録が、古谷義幸秦野市長に手渡された。古谷市長が「大切に使わせていただきます」と感謝の言葉を話すと、小嶌委員長は「ささやかですが、皆様のために」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク