秦野版 掲載号:2012年7月7日号
  • googleplus
  • LINE

"ゴールドパワー"で川岸きれいに シルバー人材センター会員がボランティア

社会

熱心にゴミを拾う会員
熱心にゴミを拾う会員

 市シルバー人材センターのゴールドクラブ会員が6月28日、水無川平和橋上流のおかめ桜周辺で清掃活動を行った。

 ゴールドクラブとは、高齢となり仕事を退いた後もボランティアなどを通じて活動を続ける会員。法人設立20周年を機に設置された。昨年12月には初の活動として震生湖の一部に水仙の植え付けを実施。今回はメンバーが自主的に企画した2回目の事業となる。

 参加メンバー5人は、水際や草むらに放棄されたビニール袋やペットボトル、ビン、カンなどを熱心に拾い、ゴミ袋に収集。一時間ほどの作業で約350リットルのゴミを集めた。センターでは「これからも会員を増やしながら、地域社会への貢献をめざして活動していきたい」と話していた。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク