秦野版 掲載号:2012年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

無料がん検診 クーポン利用期限を延長 市「受診率向上を目的に」

 秦野市の2012年度がん検診推進事業が始まった。市では、受診率の向上を目的に、今年度から子宮がん・乳がん・大腸がんの無料検診クーポン券の利用期限を延長した。

 同事業は、国が進める施策の一つ。市は、国の要綱に基づいて市内の対象者にがん検診を無料で受けられるクーポンを送付する。

 過去の利用実績は、がん検診ごとに10%台から30%台。市では、独自の取り組みとして、受診率向上を目的に、これまで約6カ月から約8カ月だったクーポンの利用期限を1、2カ月延長した。

 利用期限はがん検診の種類により異なり、今年度は、子宮がん・乳がん検診は2012年6月15日から2013年2月28日、大腸がん検診は2012年6月25日から2013年2月27日まで。

 2009年度から子宮がんと乳がん検診が、2011年度から大腸がん検診が開始され、受診対象者は年齢や性別によって定められている。今年度(2012年4月20日現在、秦野市に住民票のある人)は、子宮がん5049人、乳がん5377人、大腸がん1万1108人が対象となっている。

 市では、受診期限延長のほか、商業施設での啓発キャンペーンや未受診者への受診勧奨個別はがき送付などを行っている。市健康づくり課では、「定期的ながん検診は、がんの早期発見が可能。検診に関心を持ち、受診してほしい」と呼びかけている。
 

発送されたがん検診の無料クーポン券
発送されたがん検診の無料クーポン券

秦野版のトップニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク