秦野版 掲載号:2012年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

秦野丹沢ライオンズクラブ第33代会長 梶山 庸介さん 元町在住 (有)梶山写真工芸社代表取締役

梶山 庸介さん 元町在住 (有)梶山写真工芸社代表取締役
梶山 庸介さん 元町在住 (有)梶山写真工芸社代表取締役

自然体で地域の手助け

 ▽44歳の若さで引き受ける大役に「代表だからといって仰々しいのは嫌。気楽に自然体で、地域のお手伝いをできれば。ラフで親しみやすい運営をしていきたい」と豊富を語る。

 ▽市内元町に祖父が「梶山写真館」を開業。自身は父の仕事の関係で茨城に生まれた。小中学生時代は大磯町や中井町で過ごし、高校と大学は千葉県に進学。一般企業に就職したため、秦野とは縁が無かった。梶山写真館を継ぐため約15年前に秦野へ。「秦野のことは何もわからなかったけど、ライオンズで地域との繋がりも出来て良かった」と話す。

 ▽小学5年時から柔道に打ち込んだ。3段の腕前で、大根中の外部指導者を務めた経験も。また、「秦野でお祭り騒ぎ」のコンセプトのもと友人と団体「風人秦野(ケイズヒットはだの)」を立ち上げ、音楽を通して秦野を活性化しようと昨年は音楽イベントを2度企画。「何歳になっても、学生のようなノリで人生を楽しみたい。人々がもっと自然に行き交う、活気ある秦野にしたいんだよね」と笑う。今後のことを聞くと「独身なので、お嫁さん募集中と書いておいて」と無邪気に笑った。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

民児協パネル展

本町

民児協パネル展

5月4日号

口腔がん無料検診

陸上競技を学ぼう

箱根駅伝や全国入賞の経験者から

陸上競技を学ぼう

5月4日号

児童と給食囲み懇談

「1本」にこだわる空手大会

八重桜で春爛漫

八重桜で春爛漫

4月27日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク