秦野版 掲載号:2012年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

敬老会に東海大が初協力 鶴巻地区の160人参加

ショーの技が決まると会場は大きな拍手に包まれた
ショーの技が決まると会場は大きな拍手に包まれた

 東海大学湘南キャンパスで9月15日、鶴巻地区社会福祉協議会主催の第7回鶴巻地区敬老会が行われた。

 同協議会は地域の高齢者の生き生きした暮らしをサポートするため、地域の75歳以上の高齢者を招き敬老会を開催している。以前はホテルなどを利用していたが、同大学が地域交流を積極的に進めていることを知り、会場の提供を依頼した。同大学は「地域の高齢者と学生が交流する良い機会」として快諾。敬老会への協力は初だが、会場提供に加え、準備や学生サークルの催し物など、全面的なサポートを申し出た。

 当日は約160人が参加。「友人と連れ立って来た」という女性や、「毎年の楽しみ」と話す男性などもおり、学生によるジャグリングや落語のほか、地元サークルによる手品やハーモニカ演奏が披露された。最後は参加者全員で童謡などを合唱。拍手のうちに会は終了した。今年が初参加という女性は「地域の方と大学生の方のショーも、普段入れない大学に入れたことも、全部楽しかった」と笑顔で話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク