秦野版 掲載号:2012年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

蓑毛の文化財 周知を 活動報告書を市に寄贈

古谷市長に手渡した
古谷市長に手渡した

 秦野の文化遺産を市民に周知することを目的に神奈川県建築士会中支部が活動をまとめた冊子を8月29日、秦野市に寄贈した。掲載されているのは蓑毛地区の県重要文化財「大日堂」など。同地区は2010〜2011年度に文化庁の「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」の選定を受けている。

 この日は同支部の澤田晃一支部長と、保存活動をしている「秦野みのげ文化の会」の加藤仁美会長ら3人が市役所を訪問。古谷市長は「地域の文化や歴史を市民に広く伝えていくため、有効に活用したい」と感謝した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク