秦野版 掲載号:2012年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

ヒガンバナ遅めの開花 四十八瀬川の河川敷

花を咲かせるヒガンバナ(9月24日撮影)
花を咲かせるヒガンバナ(9月24日撮影)

 四十八瀬川の才加橋(三廻部)周辺で、ヒガンバナが真紅の花を咲かせている。市観光協会によると、例年より一週間ほど開花が遅く、「今週末位が見ごろ」という。

 ヒガンバナが咲く河川敷からは、豊かに実った黄金色の稲や可憐な花を咲かせるコスモス等も見ることができる。秋空のスカイブルーや丹沢山塊を背景に、真っ赤なヒガンバナがより華やかに彩られる。

 ヒガンバナは、9月中旬頃に赤い花をつける全草有毒な多年草の球根性植物。名前は、秋の彼岸頃から開花することに由来するとされている。花言葉は「情熱」「独立」「再会」など。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク