秦野版 掲載号:2012年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

秦野市議会議長に就任した 大野 祐司さん 曽屋在住 52歳

さわやか笑顔の新リーダー

 ○…「これから1年間、変化の年にしていきたい」と、ぐっと身を乗り出す。議会が市民に見える存在にすることが何より大切と考える。「最近議会が変わってきたな、と皆さんから感じてもらえるように、ひとつずつ着実に取り組んでいく」と力を込める。

 ○…日産車体株式会社に勤務するサラリーマン議員だ。生まれは中井町。「でも秦野市の病院で生まれたから秦野生まれさ」と明るくジョークを飛ばす若々しい笑顔がさわやかだ。本町中学校でブラスバンド部に所属。「音色が素晴らしくて…、やってみたかったんだ」と、トランペットを吹いたという。1999年、周囲に推されて39歳で政治の道へ。「もう本当に、最初は何もかも未知の世界で。例えば議会独特の言い回しってあるでしょ。慣れないし、戸惑ったね。最初の一般質問は頭の中が真っ白になっちゃって、よく覚えていないくらいだった」と、初当選の頃を思い出し当時の心境を語る。以来当選を重ね、現在では4期目を務める。

 ○…3人の子供と夫人、5人家族だ。「家族が協力してくれるおかげで、全力で議員活動ができる。特に妻には感謝しきれないくらい」と、照れながらも愛妻家の横顔をのぞかせる。なかなかプライベートな時間は取れないが、休日は子供を誘って海へ。防波堤で釣りをするそうだ。「釣果?のんびりするだけでいいんです。のんびりするだけ」とつぶやくが、そんなときひとりの父親として、子供とのコミュニケーションは大切にしている。

 ○…「議長は議会の要でもあり”顔”でもある。議会がより良い意思決定をしていくために、どうすべきなのかをしっかりと考えながら、議長という重責を全うしていきたい」とまっすぐな眼差しで力強く語る。多様な価値観を持つ人間が集う議会という場で、「議長として公正・公平を大切にしなけばならない」と、自らに言い聞かせるように、ゆっくりとした口調で語った。
 

秦野版の人物風土記最新6件

関野 裕太郎さん

2018年度秦野市PTA連絡協議会会長の

関野 裕太郎さん

4月27日号

長澤 智子さん

4月22日、文化会館で開催する秦野市民交響楽団の演奏会で朗読を行う

長澤 智子さん

4月20日号

五月(さつき) 千都弥(せんつや)さん

4月22日、文化会館で20周年公演を開催する日本舞踊五月流「みやこ会」会主の

五月(さつき) 千都弥(せんつや)さん

4月13日号

村山 英彦さん

秦野警察署長に就任した

村山 英彦さん

4月6日号

鈴木 弓弦さん

秦野サブカルチャー祭実行委員会の委員長を務める

鈴木 弓弦さん

3月30日号

國松 基祥(もとよし)さん

3月30日文化会館で子どもたちのショーを開く「Link」の代表を務める

國松 基祥(もとよし)さん

3月23日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク