秦野版 掲載号:2012年11月15日号
  • googleplus
  • LINE

市民と市議が意見交換 初の議会報告会に50人超

政治

市民の質問を聞く市議
市民の質問を聞く市議

 秦野市議会(大野祐司議長・議員数26人)が秦野商工会議所で11月10日、「第1回議会報告会」を行った。

 市議会で決定した内容やその過程などを市議が市民に直接説明し、意見交換することを目的に今回が初めての開催。当日は、50人以上の市民が来場した。

市民から質問も

 会場では市議3人が、昨年市議会で決定した「議会基本条例」「議員定数の削減」、また今回の「議会報告会」の開催経過等について説明した。

 後半には、質疑応答の時間が設けられた。市民から「議員定数を削減しながら『行政の監視機能強化』をうたうのは矛盾では」「議会基本条例が制定されて、市民にとって何が変わるのか」など次々と質問が寄せられ、議員がひとつひとつ回答していった。

 参加した片倉忍さん(67・清水町)は「市政を変えたいと思い10年以上議会を傍聴している。この様な機会が設けられるのは良いことだと思う」と話した。

 大野議長は「今回は、最初ということもあり議会が伝えたいことが中心になった。今後皆さんの意見を聞く部分を増やすことも検討したい」などと話した。

 報告会の内容は、今後市のホームページで公開される予定。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク