秦野版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

古谷市政の進捗を検証 評価委員会を設置

社会

検証項目の確認などを行った
検証項目の確認などを行った

 古谷義幸市長が2010年の選挙時に掲げたマニフェストの進捗状況を検証するマニフェスト検証・評価委員会(本間隆夫委員長)の第1回が11月6日、本町公民館で行われた。

 同委員会は秦野青年会議所(秦野JC)が事務局を担当し、学識経験者や民間企業顧問など様々な分野から選ばれた5人の市民で構成されている。

 古谷市長の任期は2014年1月30日までで、現在2期目の中間点。市政方針として、都市基盤の整備、健全な財政運営などを掲げており、今回はこの中から18分野77項目について進捗状況を評価する。今後、市へのヒアリングなどを経て、12月中旬に検証・評価結果を古谷市長に提出。同JCのホームページで一般公開も予定している。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク