秦野版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

国民病ともいわれる花粉症― 医療レポート 「花粉症の治療は今から」 取材協力/伊勢原協同病院

鈴木隆史副部長(右)と木口麻美子医師
鈴木隆史副部長(右)と木口麻美子医師

 罹患数が急増し、国民の6人に1人、国民病とまで言われている『花粉症』に代表されるアレルギー性鼻炎。最も罹患数が多いとされ、2月頃から始まるスギ花粉に備えて、花粉症の治療を始めている伊勢原協同病院(高畑武司病院長)の耳鼻咽喉科・鈴木隆史副部長に花粉症治療について話を聞いた。

 「アレルギー性鼻炎の最も一般的な治療は抗アレルギー剤を含む内服が挙げられます。重症だと複数の薬を併用することも多く、薬の服用を減らしたり、避けたいと考えてレーザー治療を受ける方も増えています」と鈴木副部長は話す。

 このレーザー治療は、使用する機器や治療回数が病院によって大きく異なるという。「当院ではレーザー治療は日帰り外科手術として手術室で行います。手術時間は15〜20分程度、レーザー治療では、アレルギー反応を起こす粘膜を焼いて変性することで反応を起こりにくくし、粘膜を減量することで「鼻づまり」の改善にも効果がある」という。

 花粉等の本格飛散が始まり、粘膜が腫れるとレーザー治療はしにくいという。「花粉に対しては、11月から1月までに治療をすることをお勧めしています。また残念ながら、この治療は症状を完治させるものではありません。人の持つ再生能力で粘膜が治癒することで徐々に症状は戻ってきます。平均で1年、短い方で半年、長い方で2年以上なんて方もいました。花粉症による高度のアレルギー性鼻炎にお悩みの方は、ぜひ当院耳鼻咽喉科に相談ください」と話す。
 

伊勢原協同病院

伊勢原市桜台2-17-1

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

秦野版のピックアップ(PR)最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク