秦野版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

図書館でおはなし会 母子のふれあい大切に

子どもの身体に触れコミュニケーション
子どもの身体に触れコミュニケーション

 0〜3歳児を対象とした「あかちゃんといっしょのおはなし会」が21日、市立図書館のこどものへやで行われ、保護者と子どもたち約40人が参加した。

 この催しは利用者から開催の要望があり、読み聞かせボランティア「おはなしころりん」が講演しているもので、今回で3回目。

 30分の時間の中で絵本を2冊読み聞かせ、掛け声があるところは一緒に声を出した。また、手あそびや身体遊びも行い、母子のふれあいを大切にしている。

 この日参加した大谷調(しらべ)さんは「普段の生活の中では見られない反応があり、新鮮さがある」と話した。

 東、西、南公民館では定期的に行っているこの催しに関して、図書館担当者と、おはなしころりんの山添薫さん、草山弥生さんは「今後も定期的に行っていければ」と声を揃えた。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク