秦野版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

30cm超えの霜柱 くずはの家に出現

シモバシラの茎にできた巨大な霜柱(12月4日撮影・写真提供くずはの家)
シモバシラの茎にできた巨大な霜柱(12月4日撮影・写真提供くずはの家)

 くずはの家(曽屋1137・高橋孝洋所長)で12月4日の早朝、地表から30cmほどの大きさに成長した巨大な霜柱が見つかった。

 同所によると、3日から4日にかけてこの冬最低の気温マイナス3・5度を記録したといい、「この冷え込みで、かつて無い大きさの霜柱ができたのでは」と話している。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク