秦野版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

かながわ観光大賞 観光協会に審査委員特別賞 オリジナル事業に高評価

黒岩知事を囲んでの表彰式
黒岩知事を囲んでの表彰式

 「観光立国かながわ」の実現を図るため、他の観光振興の取り組みの励みとなった事業者等を表彰する「第3回かながわ観光大賞」の表彰式が県庁で12月14日、行われ、一般社団法人秦野市観光協会(松下雅雄会長)が審査委員特別賞を初めて受賞した。

 審査委員特別賞は、通常設けられている3部門の大賞とは別に、同協会の取り組みを評価した審査委員会によって今回特別に授与されたものだ。

 同協会が表彰された取り組みの名称は「新しい協働型観光振興事業」。新たな観光資源の発掘やオリジナリティのある事業展開の例として、「南はだの村七福神と鶴亀めぐり」や「Let,s Go!丹沢・大山やまなみ登頂スタンプラリー」、友好都市韓国坡州市の山葡萄酒の輸入販売などの実績を県に提出。審査委員からは「県内にある他の観光協会の模範となる好事例」と高く評価された。

 同協会職員で、提出資料の作成にあたった浅見行成さんは「これまでの斬新な取り組みが認められ、非常に嬉しく思います」と喜びを語った。

 今回の他の受賞者は以下の通り。

 「グランプリ」カップヌードルミュージアム、「魅力ある観光地づくり部門」小田急箱根ホールディングス(株)、「観光による地域活性化部門」一夜城ヨロイヅカファーム、「外国人観光客部門」高橋正美(富士箱根ゲストハウス代表)
 

秦野版のローカルニュース最新6件

民児協パネル展

本町

民児協パネル展

5月4日号

口腔がん無料検診

陸上競技を学ぼう

箱根駅伝や全国入賞の経験者から

陸上競技を学ぼう

5月4日号

児童と給食囲み懇談

「1本」にこだわる空手大会

八重桜で春爛漫

八重桜で春爛漫

4月27日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク