秦野版 掲載号:2013年1月26日号

60年前にタイムスリップ

昔の秦野の写真を展示

懐かしい風景がずらりと並ぶ
懐かしい風景がずらりと並ぶ

 1月30日(水)まで南公民館1階ロビーで、昔の秦野の暮らしが分かる企画展「60年前の秦野にタイムスリップ」が開催されている。会場には、市史資料室が持っている昭和30年頃に撮影された秦野市市内の風景などの写真23点が、パネル展示されている。市民に秦野の歴史に対する興味を深めてもらい、ふるさと秦野への郷土愛を深めてもらおうと開催されている。会場には足踏み脱穀の風景や大秦野駅(現在の秦野駅)の駅舎、本町四ツ角交差点の風景、蓑毛付近を通るボンネットバス、国道246号線を走るオート三輪など、懐かしい景色が写されたパネルが並び、写真を見ているとまるでタイムスリップしたよう。年配の来場者は懐かしい昔の景色を思い出し懐かしんでいた。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク