秦野版 掲載号:2013年2月23日号

同年代の交流の場に

JCが異業種交流会

様々な業種から20人が参加
様々な業種から20人が参加

 秦野青年会議所(大屋崇理事長・JC)が2月18日、市内鈴張町の北京館で「第1回異業種交流会」を行った。JCはまちづくりなどの社会活動に取り組む20歳から40歳までの青年経済人からなる団体。これまでも「秦野の明るい豊かなみらい」をめざし様々な活動を行ってきたが、今年は秦野市内で活動する同年代の人と積極的な交流を図ろうと「異業種交流会」を企画したという。

 初回となった18日には、工業、商業、農業などさまざまな業種から約20人が参加。はじめに乾杯と簡単な自己紹介が行われたあと、食事をしながら自由に席を動いて、名刺交換や情報交換などを行った。

 今後は月1回の頻度で開催することにしており、次回は3月中旬を予定している。大屋理事長は「仕事の関係だけではなく、日頃の悩みなども話せる同年代の交流の場になれば」と話している。問い合わせは秦野JC【メール】info@hadano-jc.jp
 

秦野版のローカルニュース最新6件

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク