秦野版 掲載号:2013年2月23日号

東海大生が救援訓練

災害時の共助めざし

消防職員から放水を学ぶ学生
消防職員から放水を学ぶ学生

 東海大学生による災害救援ボランティアチームの発足を目指して、2月15日と16日、「東海大学災害救援ボランティア講習会」が同大学や大根小学校などで行われた。

 これは秦野市域で大地震などが発生した場合に、市と協力して救援活動をするために訓練を行ったもの。講師は秦野市消防署職員らが務めた。市が同大学と提携した講習会で災害時のボランティアを養成するのは今回が初の試みとなる。

 講習会には同大学の運動部の学生を中心に、約130人が参加。2日間にわたって普通救命講習会、災害ボランティアなどの防災講習会が行われたほか、屋外での放水訓練や怪我人の搬送法、外傷・骨折の応急手当などを体験した。参加した学生は「体育会のひとりとして災害時に少しでも地域貢献できれば」と話していた。

 同大学は来年度、「秦野市・東海大学提携30周年」を迎えるにあたり、今後これを記念して市と「大規模災害時における東海大学生による救援活動の実施に関する協定」を締結する予定。ボランティアチームは、これに合わせての発足をめざすとしている。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク