秦野版 掲載号:2013年3月21日号

介護等地域包括ケア

「連携が必要」

分野を越え約80人が参加

報告を聞く参加者
報告を聞く参加者

 県と県リハビリテーション支援センターが主催する「第2回秦野市地域包括ケア市民フォーラム」が14日、市保健福祉センターで行われ、リハビリや介護の専門職約80人参加した。

 秦野市は2年前から地域リハビリテーション推進モデル事業に指定されていた。

 市内で高齢者支援、障害者支援、リハビリに携わる3人が登壇し、それぞれの立場から活動を報告。各分野の枠を越えたシンポジウムが行われた。

 医師と訪問看護など地域支援が連携を深めることで、利用者はより良いサービスを受けられるという。

 県リハセンターの平田学さんは「高齢者、障害者等への支援は地域での連携が必要。これを機会にこの先、私たちの後ろ盾なしで各分野がより繋がっていって欲しい」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク