秦野版 掲載号:2013年5月9日号
  • googleplus
  • LINE

おはなしマム 文科大臣から表彰 渋沢学区で読み聞かせ

受賞を喜ぶおはなしマムのメンバー
受賞を喜ぶおはなしマムのメンバー

 渋沢地区の幼稚園、保育園、小、中学校で読み聞かせや朗読をしている団体「おはなしマム」(山下幸子代表)が4月23日、2013年度子どもの読書活動優秀実践団体として文部科学大臣表彰を受賞した。

 この表彰は、子どもの積極的な読書を促す優れた活動を行う団体に贈られる。

 山下代表はじめ、おはなしマムのメンバーは「こんなすごい賞だとは思わなかった。自分たちが楽しくやっているのでそれが表彰されるなんて本当に不思議。先人から続く功績の偉大さを感じました」と受賞の率直な感想に口を揃える。

 同団体は渋沢地区の30代から50代の母親26人で活動中。すでに中学を卒業した子どもを持つ人も活動を続けている。活動開始は1997年度。当時、読み聞かせボランティアとして市内で活動していた「おはなしころりん」の一員だった清水実佐子さんたちが、地域の母親に声を掛け立ち上げた。現在、渋沢地区の幼保小中学校5カ所で年間を通じ、お話会や朝の読書タイムなどで読み聞かせや朗読、素話を行っている。

 「本は身近な人が読み聞かせてあげる方が子どもたちは楽しいんです」と話す同団体。読む本はどんな本でもいいわけではなく、毎年学年ごとに4〜5人の担当者を決め、年齢にあった本を選び、読み聞かせている。子どもたちも楽しみにしており、お話会が始まると静かになり、しっかりと聞いてくれるという。

 渋沢小学校の厚意で2006年度に校内に設けられた「絵本の部屋」には同団体が内容を読んで厳選した、大人になっていくときに必要な「質の良い本」が400冊弱ある。出入りが自由なこの部屋には休み時間など子どもたちが自然と本を読みに来るという。

 メンバーは活動にあたり「大変と感じることはなかった」と話し、同じ子どもたちを見ることで、成長を感じられるという。山下代表は「在学児を持つお母さんたちがもっと参加してくれると嬉しい」と話した。

 おはなしマムへの問い合わせは渋沢小学校【電話】0463・88・7066へ。
 

秦野版のトップニュース最新6件

防犯ランニングで地域貢献

秦野曽屋高校

防犯ランニングで地域貢献

2月16日号

葉ニンニクで鳥獣害対策

菖蒲諸星さん

葉ニンニクで鳥獣害対策

2月16日号

健全育成支え半世紀

秦野市青少年指導員連絡協議会

健全育成支え半世紀

2月9日号

篠窪バイパス 3月10日開通

県道708号

篠窪バイパス 3月10日開通

2月9日号

「グランフォンド丹沢」初開催

ウェブで事業所紹介

秦野商議所

ウェブで事業所紹介

2月2日号

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク